5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【肉なし】和食、日本食について語ろう【油少】

1 :ぱくぱく名無しさん :2006/06/10(土) 06:49:42 ID:M7E8xu550
サライみてるとすべておいしそうだ

2 :ぱくぱく名無しさん :2006/06/10(土) 06:50:35 ID:M7E8xu550
朝ごはんは和食

3 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/10(土) 06:56:05 ID:1mCSbFwE0
美味しいですよね。

4 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/10(土) 14:06:34 ID:KwnHC+Y0O
肉無し?

5 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 05:04:00 ID:aV0H4+SP0
いいねいいね!
それに伝統的に日本人は動物性のものを食べなかったんだってさ。
精進料理、っての?今の。
昆布や椎茸をダシにしてたんだよ。
もち鶏肉も食べないし健康だったのも当然だよねえ。

6 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 06:56:03 ID:gtCrPs9o0
別に肉は無しに限定しなくてもいいと思う。

7 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 07:23:53 ID:GMNTMbrb0
そうそう、どっちかっつーと魚好きだけど肉使ってても
美味しくて健康的な和食もあるじゃん。

8 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 09:42:39 ID:cjwy1wPW0
昔の日本人は不健康だぞ。

9 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 11:11:59 ID:v4IF4Z6KO
麦飯と自然薯

10 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 16:28:55 ID:IuNQY+MY0
狸、兎、猪、雉

11 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 20:37:48 ID:24ocZWmAO
>>5

12 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 21:47:15 ID:9/sa7rqU0
パンを消化するには日本人の腸は短すぎる、
とかいうよね。
なんにせよ、和食が続いたときのほうが体調がいい。

13 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 23:25:50 ID:aV0H4+SP0
そのようなことはありえないよ>12
多分 肉 が原因じゃない?
今話題のベジタリアンになってみようZE?

14 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/11(日) 23:32:10 ID:S9XLOOKO0
昔の日本の偏った食習慣が、今の老人の腰が曲がってよぼよぼの哀れな姿を作り出した。

15 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/12(月) 01:21:00 ID:pWxYLshK0
>>12
お米を消化するには欧米人の腸は短すぎる
もしくは
日本人の腸はお米を消化するのに適している
の間違いでした(/ω\)

16 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/12(月) 02:34:05 ID:DHJ2kuYH0
ぶっちゃけ腸の長さは関係なくね。現代じゃ。
おたまじゃくしが植物性ので育つと腸が長いとかはどうでも良いとして。

油が少ないのは食器(漆器)の問題と、水(軟水)の問題でそうなっただけだ。
チョン人や中華と違うのもその為。
そして日本人は米と他のもの(おかず)を口の中で混ぜ合わせるという食文化を有している。
その点でも和食の面白さがのっそいんじゃね。
現代は丼ものやなんでも砂糖、醤油、MSG、インスタントなど味覚の退化も顕著だが。

ちなみにどうか現代は知らんが、和食は基本的に低脂質だが高塩分だ。
健康的だとは必ずしも言えないし体調が良くなるなんてこともない。
ぶっちゃけ、和食に拘らず、病院食などの栄養士が考慮したものを食べるのが良かろうくね。

17 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/17(土) 15:11:31 ID:VkRmZ+JFO
でも栄養士ってメニューに必ず乳製品いれるよね。

18 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/17(土) 16:02:47 ID:gE8Ih4L+0
使うように牛オタ産業との提携があるだけで和食に牛乳を飲むのが合うとは言えんし気持ち悪い組み合わせだ>給食
アミノ酸スコアでいえば卵でもいいわけだし、ダシ巻き卵を使えばいい。
まあ卵を食すようになったのは近年だが。

19 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/23(金) 08:27:24 ID:gpEY53h5O
肉は昔から食べられて来た。肉は「シシ」と言われ、猪は「イのシシ」であり、鹿は「シシ・カ」の転化であるそうだ。

20 :躊躇い侍 ◆v5.co.jp/o :2006/06/28(水) 14:56:30 ID:Dj8oJ35tO
猪の肉は超脂っこいよ。

骨に付いた肉を、手掴みで骨の部分を持ってかぶりつくんだ。
結構旨いけどね。(塩で湯がいた肉だけど、猪肉自体脂肪分を沢山有している)

21 :ぱくぱく名無しさん:2006/06/29(木) 05:18:53 ID:IYaCF/9zO
日本食って脂少ないけど塩分多いイメージがあるなぁ

22 :ぱくぱく名無しさん:2006/07/10(月) 23:09:45 ID:kDwA1bEx0
道場六三郎か誰かが言っていたけど
確かに日本料理店なるものは高級化といおうか
高尚化しすぎているな!
安い定食屋がバンバンできればいいんだよ

23 :ぱくぱく名無しさん:2006/07/11(火) 07:00:39 ID:AnTgAkfq0
>>21
それはあると思う。基本的に味噌や醤油使ったご飯のおかずや酒の肴だからね。
肉魚の焼きもの(塩焼き 西京焼き 照り焼き) 刺身、豆腐、納豆に醤油
煮物 佃煮 漬物 味噌汁 吸い物。

でも、調理や食べ方で工夫すれば、塩分結構抑えられるかも。

24 ::ぱくぱく名無しさん :2006/08/06(日) 17:57:19 ID:NGXKAk8d0
age

25 :ぱくぱく名無しさん:2006/08/06(日) 22:08:08 ID:838GDRZU0
>>23
塩のふり方や合わせる材料の工夫でも量はおさえられるらしいしね。
うまい日本食の後は、あまり喉がかわかないし。
逆に手抜き(マンドクセ時の自作含む)だと、食後に水欲してかなわん。
それに1回の食事で胃に入る全体量の違いを考えれば、
結果的に、他国の料理より少ないんじゃないかと思う<塩

26 :ぱくぱく名無しさん:2006/08/18(金) 12:37:25 ID:hkU7x5VIO
捕手

27 ::ぱくぱく名無しさん :2006/08/31(木) 02:08:14 ID:k35bIUD/0
「ガンモドキ」という食べ物があるが
ありゃ鳥の雁のモドキだから
鳥肉は食ってたんだね

28 :ぱくぱく名無しさん:2006/08/31(木) 03:50:45 ID:mZAB6lb5O
魚の丸も豆腐の丸もあるよ

29 :ぱくぱく名無しさん:2006/08/31(木) 21:26:25 ID:c4HU2Adg0
>鳥肉は食ってたんだね

基本四足は食ってなかっただけだろう

30 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/01(金) 12:34:52 ID:C+Aqt8Pg0
人間くらいなら食ってたかも

31 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/01(金) 12:55:41 ID:6O7vGeJT0
日本料理と言っても、中華や韓国料理と比べるとその素材の貧弱さに加え、味が精進料理のように淡白、
バラエテェィに富んでなくて貧乏人の食べ物と言わざるを得ない。
例えばキューリ巻き、干瓢まき、沢庵とか、聞いただけでその貧しさが表れている。
それなど何故もっと工夫しないのか、いつまでも同じことしか出来ない日本料理にはあきれる。
煮物もいつも同じ味、スープに至ってはもっと勉強すべきではないのか。とにかくバラエテェィに
富んでないので本当につまらない料理、日本料理のコックはもっと勉強すべきである。
真の日本料理とかどうでも良い、そんな味しか出せないでしがみ付くより、もっと工夫して変化
に富みおいしい料理があっても良いのではないのか?
てんぷらがどうとか、どうでもい、もっと美味しい味で沢山の量(値段分)が出せないのか不思議。
だから北米での代表的料理といえば、イタリアンかチャイニーズ、また最近はコリアンと決まっている。見習うべき! 


32 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/01(金) 16:05:20 ID:OeKhONTvO
精進料理はダシが根底から違うしまず生臭を取らない
つまり動物性の旨味のイノシン酸など植物性のものからは摂取できぬ旨味成分があるから味の種類が違う
淡白なものもあるがクルミで濃厚さを出したり揚げ物が多かったり動物性食材を使わないだけで仕込み調理段階で脂質は結構使う
蛋白に感じるのはイメージによるところもあるのでは…
キュウリ、かんぴょう、漬物などを貧弱と感じるのなら自分で美味しい漬物を浸けてみては…
キャベツなんか美味しいですよ
他国の料理もいいとこは認めて取り入れたいですね
イタリアの北部の豊穣な味付け
南部の魚介の扱い方
フランスの幾種類ものブイヨン、フュメ、フォン、バンブラン、バンルージュ、日本の出会い物に負けないマリアージュ
そのフランスとの切磋琢磨で鎬を削ってきたロシア ベフ・ストロガノフや我々の感覚にないザクースカ、トマトのピクルスやスモークタンとジビエのゼリー、イワシの柑橘系コンフィマリネ、シャルトロカ
朝鮮の冷麺は北は結婚式にも出すらしい
ムクやパンサンギ等伝統もある
知らないことが沢山だからあなたの言う通り勉強は豆にしたいと思います

33 :ぱくぱく名無しさん :2006/09/02(土) 05:45:42 ID:tDhmtif90
31、32長いけど両方ともいえているな
包丁人味平にのっていたけど「醤油」が完璧すぎて
あまりヴァリエーションが拡がりようがないみたいなことが書いてあったような
確かに日本料理家も進歩がないように思う
伝統にあぐらをかいていて威張っている漢字があるな

34 :ぱくぱく名無しさん :2006/09/02(土) 05:50:43 ID:tDhmtif90
手塚治虫の「陽だまりの樹」で主人公の手塚良仙が
蕎麦屋で蕎麦を食ったあと
生卵を注文してツユに入れて食っていたんだけど
読んだ俺は驚いたよ 
江戸時代にも 卵食っていたんだって 
高級品だったけど 当たり前だったんですかね

35 :ぱくぱく名無しさん :2006/09/02(土) 05:56:56 ID:tDhmtif90
また続き まあ貧弱といえばそうだけど
あっさりほっそりはんなりとした感じもいいといえばいいけどな
絵画にたとえるなら 水墨画のような感じ
昔に遡れば遡るほど貧弱になっていくのかな
日本料理定番の大根もある時期からの輸入品だし

36 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/02(土) 12:38:07 ID:qDs9s41KO
日本にも世界に誇れる乾物ありますね
気仙沼のフカヒレなんてね

37 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/30(土) 17:47:12 ID:9lgo7hcV0
保守age。

出汁、醤油、塩、日本酒、みりん、味噌、生姜。
これだけあれば、ほとんどの物は作れるんで、
確かに日本料理はワンパターンに見えがちだと思う。

ただ、他の料理は下ごしらえや途中で手を抜いても、それなりになるのに対して
日本料理で少しでも手を抜くと、どーしよーもないものしか出来ない。
自分で作ってみてわかったんだけど、本当に奥が深いよ。和食は。
それが良いか悪いかはともかくとして、そういうところが好きだな。

あと和食中心の食事に変えると、舌が敏感になるっていうのもある。
基本的に薄味だからかな。濃いのもあるにはあるけど。

38 :ぱくぱく名無しさん:2006/09/30(土) 19:08:40 ID:SA+PJPPw0
和食って何がある・・・?
にくじゃが?

39 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/01(日) 09:07:44 ID:/o6U64l00
>>38
お茶漬け

40 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/01(日) 09:23:23 ID:CFjma/eU0
NATTO-

41 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/01(日) 15:26:53 ID:AMCefS5HO
きゅうりやたくあんを貧相だと思う人間は物の本質が分かってない人間

可哀想な人だよ。



42 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/01(日) 15:36:56 ID:XBDTz85M0
日本料理はレシピが少ない。味のバリエーションが無い。その辺が欠点だな。
だから変わった素材を使う位しか出来ない。料理の鉄人で岸朝子が核心ついた
名言吐いてたよ。日本料理の鉄人は「苦しい時の寿司頼み」だとか何とかw

正直言ってキツイ言い方だとは思うが日本料理が一番だとか日本人は繊細だとか
本気で言う人間は、己の慣れ親しんだ物しか受け付けない感受性が乏しく未熟な
舌と脳神経の持ち主なのだと思うぞ。

43 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/01(日) 17:06:58 ID:nKR6N25Z0
>>42
若い時から、欧米だのアフリカだの中近東だのアジアだの
色々食べてきた(ほとんど現地の人が作った料理)結果、
日本料理は繊細だと、本気で思うよ。
(極一部を除いて)どの国の料理も好きだけど、
日本料理ほど素材と旨味を大切にするものに会ったことはない。
これは、元々素材が貧弱なせいもあるかもしれないけど。

どこの国の料理が一番、とか言うのはたしかに馬鹿馬鹿しいが、
未熟と決めつけるなら、もう少し対象を知ってからの方がいいと思う。
それから味のバリエーションが無いという前に、試しに
塩最小限、マヨネーズ、唐辛子、バター抜きの食事を
しばらく続けてみることをおすすめする。
いかに舌が鈍感になっていたか分かるから。

44 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/03(火) 10:51:59 ID:Fpdlnz2F0
まぁ慣れ親しんだアジに愛着と誇りがあるのは当然だろ

美食記者おばはんの言う事も分かるけど、日本人はなんでも醤油だ
洋中問わず和風にする=醤油。豆腐、納豆、味噌、醤油良くも悪くも大豆文化だ
味のバリエーションも基本、醤油、味醂、酒、塩、砂糖の使いまわしだけど
そっから素材に合った調理法と食べ方がある。

あと板前として言わせて貰うが、和食が繊細じゃ無いという奴は
醤油一滴、塩一つまみの機微が分かるのか?それは味が変わるぞ。




45 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/07(土) 08:48:21 ID:06ybtUKG0
まぁなんにせよ和食はうまい。
ガチで。

46 ::ぱくぱく名無しさん ::2006/10/09(月) 12:24:03 ID:OvHZZ4iB0
なんかのTVでロシアに日本料理店の取材をやっていてへえーと思ったね
店長もオーナーもロシア人で日本とは関係ないだったかな
ウエイトレスもロシア人で和服のような職服
うまいのかな

47 :ぱくぱく名無しさん:2006/10/21(土) 12:38:16 ID:MUKyHlu10
胡椒や丁子や乳脂を多用し、材料のもとの形状が残らないよう加工し尽くして供する
西洋料理の感覚でみたら、加熱は短時間、材料の形はほとんど残っている、香辛料も
ほとんど使わないとなると、原始的に見えるだろうな。
実際に、東京オリンピックの際にも事前の接待でクソミソに言われたそうな。

ところが、世界的な傾向で、産業革命以降は、加工度の低い方が上級という風潮になって
きていていることは確かなわけで。


48 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/05(日) 22:54:47 ID:luRmliII0
今なんてアメリカなんかの先進国で和食すっごい人気だしね。

49 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/12(日) 06:07:04 ID:03sUVJ2h0
『日本料理の真髄』って本、なかなか面白いぞ。

要約(意訳)
・日本人は素材の持ち味を味わうことを第一としてきた。
・味付けのない豆腐やご飯をおいしいといえるのは日本人だけが持つ味覚。
・日本人はおいしくないものに手を加えてまで食べようとはしなかった。
・従って日本料理の原則は、素材の持ち味を引き出すこと、素材の味を殺すような味付けはしない。
・西洋や中華料理はどんな素材でもうまく加工して食べることを目的として発展してきた。
・近年、濃厚でうまい味を作り出すことが料理だと思われている節がある。
・素材をどう扱うかより、どういう味で食べるかが重視されてきている。
・得体の知れないほど巧妙なうまい料理ができる頃には日本人特有の味覚は終焉を告げる。

50 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/12(日) 07:31:46 ID:A4EN8BesO
小難しい話しは知らんが2年前に食べた出汁で煮込んだ「かぶ」が滅茶苦茶美味かった。

かぶを弱火で数時間、型くずれしないように出汁で煮るんだって。お箸で食べると崩れちゃうからスプーンですくって口に入れるとトロリと溶けて旨味がふんわり…。あぁ、もう一度味わってみたいので自分で作ってみようと思う。






…多分、最終的には「おでん」になるかもしれないけど…。だって、プルプルに煮た豆腐や鍋底大根も食べたいんだもん。

51 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/14(火) 20:10:34 ID:MvvUwv8v0
保守age

>>50
超がんばれ。
自慢じゃないが、中近東・欧米・アフリカ各料理や菓子の製作は得意の自分。
和食だけは、どうやっても納得できる味がでない…
和食が何よりすきなんだけど、素材をみる目がないのか何なのか。
コツをみつけたら、ぜひ教えていただきたい。

52 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/15(水) 03:41:32 ID:ksKdZW0t0
【日本食認証制度】「全て日本人向けではやっていけない」「水・魚など地域によって違う。日本食もある程度変えなくては」との声…ブラジル
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163525595/l50
四十五年以上日本食に携わってきた氏家さんだが、近年は「営業のためにアラカルトを取り入
れた」という。「昔は日本人が多かったからね。本来の日本食を食べる人が減ってきたから、変
えていかなきゃいけない」と実情を吐露。それでも「どれが本当か、お客さんがだまされないよう
に、わかりやすくしてほしい」。

これから政府が基準を作るにあたり、氏家さんは「日本食の基本は日本にある。けれど、水、
塩、砂糖、魚にしても地域で全く違うから、ある程度変えていかなくてならない。ブラジルでの
日本食を分かっている人に、話を聞いて考えてほしい」と話した。

【日仏】 フランスの偽日本料理店が問題に JETRO覆面調査「お墨付き」制度導入〜「お薦め出してもらったらほとんど韓国料理」★2[11/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163517187/
ある店の一番人気はおすしに刺身、焼き鳥が一緒になった料理で、焼き鳥にチーズがかかっていて、さらに、
おすしがあるのにご飯もあった。パリの人たちは、そのご飯に焼き鳥のタレをかけ、おいしそうに食べている。

53 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/15(水) 03:46:13 ID:ksKdZW0t0
【日本食認証制度】「全て日本人向けではやっていけない」「水・魚など地域によって違う。日本食もある程度変えなくては」との声…ブラジル
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163525595/l50
四十五年以上日本食に携わってきた氏家さんだが、近年は「営業のためにアラカルトを取り入
れた」という。「昔は日本人が多かったからね。本来の日本食を食べる人が減ってきたから、変
えていかなきゃいけない」と実情を吐露。それでも「どれが本当か、お客さんがだまされないよう
に、わかりやすくしてほしい」。

これから政府が基準を作るにあたり、氏家さんは「日本食の基本は日本にある。けれど、水、
塩、砂糖、魚にしても地域で全く違うから、ある程度変えていかなくてならない。ブラジルでの
日本食を分かっている人に、話を聞いて考えてほしい」と話した。

【日仏】 フランスの偽日本料理店が問題に JETRO覆面調査「お墨付き」制度導入〜「お薦め出してもらったらほとんど韓国料理」★2[11/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163517187/
ある店の一番人気はおすしに刺身、焼き鳥が一緒になった料理で、焼き鳥にチーズがかかっていて、さらに、
おすしがあるのにご飯もあった。パリの人たちは、そのご飯に焼き鳥のタレをかけ、おいしそうに食べている。

54 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/15(水) 07:49:24 ID:s3eITARUO
味のバリエーションが少ないとかいってるがフレンチや中華も味のパターン大体同じだろが。素材が貧弱てのもワカラン。何が貧弱なんだ??

55 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/15(水) 07:53:51 ID:s3eITARUO
調味料だってそうだ。フレンチやイタリアンだって使う調味料なんて大体同じだろ

56 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/18(土) 18:57:39 ID:cZWfx/jq0
>>54
中華は醤、フレンチはバター&ワイン、イタリアンや中近東はオリーブオイル&トマト、
英国&北東は塩&バター、インド&東南アジアは胡椒、朝鮮は唐辛子、
南米は唐辛子と玉蜀黍、アフリカは豆と陸稲。
そして、和食は出汁と醤油と味噌。
言う通り各地方によって、昔から入手しやすい物に地元料理の基本がある。
だからこそ、それぞれに趣深い味わいがある。

国特有の料理を「貧弱」と言う人は、その人自身の思考が貧弱なんじゃないだろーか。
ただし、唐辛子主体の料理は舌を麻痺させるという、
物理的理由で個人的に理解したがたいところはあるんだけど。
まあ、そこはそれ。

57 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 06:58:14 ID:34Nq+GCC0
西洋や中華料理の定番は○○の素ってやつで簡単に再現できてしまうのはなぜか? 
それは料理の方向性が基本的にラーメンと同じだから。
ラーメン屋は色々と工夫してるようだけど、結局はカップラーメンで再現できてしまう。
>>31は日本料理の料理人にこういったお湯を入れれば再現できる味を作れと言っているに過ぎない。

北米でイタリアンや中華、コリアンが多いのは、簡単に味が再現できるから。

58 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 18:15:06 ID:6HfuE4U60
>>57はカップ麺と店で出してるラーメンの味の違いが判らない亜鉛摂取障害者

59 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 21:34:43 ID:qIShNPQ/O
↑sageてるて事は自分の意見に自信かないということだな。そんな屁タレがカキコすんなや

60 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 22:28:59 ID:3AoJuyBt0
>>58
カップ麺と店ラーメンの違いを言ってるのではないんだがな。
「元の素材とは違う新しい味を作る」という発想が西洋・中華料理に共通
しており、俺はそういう料理をラーメン料理と言ってるんだよ。
素材を閉じ込めて、多種多量の調味料を入れて、もはや素材とは何の関係
もない味を作り出してしまう。麻婆豆腐なんか典型例だな。

これら西洋・中華の料理法は、素材の味を殺さないことを信条とする日本
料理の方向性とは違うのだが、>>31はその違いを理解せずに、日本料理が
劣っていると言ってるわけだ。
味付け対する方向性が違うのだから、料理法の方向性も当然違う。
それなのに日本料理の料理人に西洋・中華を盲目的に見習うべきとか言う
のはどうかしてる。

61 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 22:43:57 ID:3AoJuyBt0
日本料理の感覚では、かまぼこを食べやすく切って、見た目良く
盛り付けて、わさびを添えて出すだけでも立派な料理なんだが、
西洋・中華至上主義のやつらはこの感覚が許せないようだ。

中華的には、他の食材と混ぜて、調味料どっさり入れて、あんかけ
にして初めて料理と言うんだろうが、日本人は美味いかまぼこを
単品で食いたいんだよ。

62 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 22:54:44 ID:3AoJuyBt0
たまたま日本人が素材の味を単品で楽しむという食癖を持っていたから
日本料理はそれに応じて発展したというだけ。いかに素材の味を殺さず
に料理するかが重要だから、日本料理では、まな板の前で食材を切る人
が一番偉い。(だから板前)

一方で西洋人や中国人は濃厚な味を好んだから、料理法もそれに応じて
発展したと言うだけのこと。いかに濃厚な味を作り出すかが重要だから、
西洋や中華では火の前に立ってる人が一番偉い。

63 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 23:14:09 ID:3AoJuyBt0
フレンチや中華は確かにウマイから、どんどん食えばいいと思うよ。
ただ、せっかく日本人に生まれたんだから、素材単品の味を楽しむ
感覚は大切にしろよ。


64 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/19(日) 23:33:27 ID:fegoVcks0
>>61
刺身とかを例に出すなら分かるが何故かまぼこ?
かまぼこなんて元の素材とは違う味とやらの典型のような

65 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 01:10:30 ID:yGwB+2jm0
>>31

66 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 01:18:19 ID:yGwB+2jm0
>>57
ひとこと突っ込んでおくと、和食の定番もめんつゆで簡単に再現できる罠w


67 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 02:02:52 ID:G/nWJlPd0
>>64
かまぼこは素材の味がわかるんだよ。
豆腐だって大豆の味がわかるだろ?
刺身はまぁ、言うに及ばずって感じなんで。

68 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 02:22:46 ID:G/nWJlPd0
>>66
麺つゆで再現できる和食の定番って、うどん、蕎麦、ソーメンだけだろ。
少なくとも俺は料亭でそんなもん出されたことはない。
それに麺つゆは決して蕎麦の風味を壊したりしないが、洋風や中華の
調味料で仕上げれば蕎麦の味は完全にわからなくなる。
ナポリタン風や中華風餡かけの蕎麦を想像してみろ。

・・・・・・・・・・・うまいかもな・・・。

69 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 22:43:02 ID:wMKB0L2A0
和食の調味料は醤油・味噌・塩って言うけど、出汁も入るんじゃね?(広義で言えばかな?)
出汁を使う料理では、これがちゃんとしてるとすごく美味しい。
汁物とかが顕著。

70 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/20(月) 23:35:03 ID:6FvUJLOu0
和の調味料・・・。塩、醤油、味噌、酢、日本酒、みりん・・・んー?
砂糖って和の調味料ってわけじゃないんだろうな。懐石料理に砂糖ってほとんど使われてない気がする。
出汁が調味料と言えるかはわからんけど、和風だしって良いよねー。
洋風や中華のスープはこってり、ずっしりしてて、たまに食えばウマイが毎日食えん。
その点、和風だしはサイコー。

71 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/21(火) 09:22:44 ID:3cZuhQzM0
和風だしが無いと和食にならないような気がする
これを欠くとモノにならないっていう意味では究極の調味料だろうな

72 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/21(火) 23:08:41 ID:n2OQv7th0
>>70
いぜんラーメンの元祖とかいう中国のなんやら地方のラーメンをTVでやってたが
スープは只の塩味だった。具は何にも無し
毎日のように食べるから飽きないようにそれらしい
和食に限らず日常的な食事はそんなものじゃないのかな?

73 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/22(水) 02:17:58 ID:nxtwvTAW0
>>72
>和食に限らず日常的な食事はそんなものじゃないのかな?
まぁ、そうでしょうな。

でもそれって、何で出汁を取ってるんだろ?
獣肉、獣骨で出汁とると塩のみの味付けでも
コッテリなスープになるんだよね。

74 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/22(水) 02:39:23 ID:ZEXAC2KUO
そういう料理はうっすいダシしかとれてないよ。正直うまくない

75 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/22(水) 10:52:13 ID:BlqbnH0k0
日本人だって鴨肉とかたべてるだろ


76 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/22(水) 10:54:08 ID:c3/uvLRyO
胃癌で氏ね 醤油オタク料理

77 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/23(木) 00:07:14 ID:M78oV8va0
>>75
あぁ美味いよな。で?

78 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/23(木) 00:08:19 ID:M78oV8va0
>>76
フレンチスレに帰れよ。

79 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/24(金) 03:01:37 ID:P78rlV2d0
殺伐とする必要なんてないじゃんw
どこの国の食べ物もそれぞれ美味いんだしさ…。
ちなみに体の都合で、油・肉(ちょっとだけ)・砂糖無し和食生活してるんだけど
脂肪落ちたみたいで体スッキリした。お腹一ぱい食べてるんだけどね。
外国の人がハマルのもしょうがないねwW

80 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/25(土) 00:12:59 ID:/MFzNfB90
つい先日、京都に三日間旅行して、和食三昧だった。
三日目になると無性にジャンクフードが食いたくなったw

しかし、本格京料理とはいえ、魚の不味さはいかんともしがたいな。
無理して刺身出さなくて良いのに・・・。
刺身は沿海県で食う方が100倍旨い。


81 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/25(土) 06:09:56 ID:I0mZEkcO0
>>5
ここ読んどけ
ttp://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-35.html

82 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/26(日) 23:05:17 ID:pdCdyOZ80
蓮根饅頭は美味しいです。

蕪蒸しも美味しいです。

83 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/27(月) 18:03:01 ID:2WZA+HZ/0
ふと思うことがある。
和牛の生産者って方向性間違えてないか?
脂が乗ってて旨いってのは魚に当てはまるのであって、
牛肉の霜降りってくどいだけだよな。
値段が上がるほど脂っこくて食えたもんじゃない。

84 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/27(月) 18:11:14 ID:2WZA+HZ/0
>>80
同意。
京都で懐石食うと必ず刺身出てくるけど、
美味いと感じたことは一度もないな。

85 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/29(水) 13:49:23 ID:/0FUkPFu0
>>80
>>84
京都人だが、京都で刺身が美味くないには同意。
懐石に刺身が多いのは、それを求める観光客が多いからなんだよ。
海から遠い京都(市内)で、生魚を食べようというのが間違い。
元々市内で食べられているのは、塩漬け、酢漬け、干し魚だし。

86 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/29(水) 17:49:45 ID:yBp2s+G30
日本食なんて結局、刺身と天麩羅じゃん

87 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/29(水) 18:44:11 ID:/0FUkPFu0
>>86
生魚が美味くない地域の人間があえて言うが、
「どこの田舎国から来た人間だ?」

88 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/30(木) 11:52:18 ID:oh0/For10
>>86
豚まんみたいな蒸し料理もあるしもんじゃ焼きみたいな焼き料理だってあるんだよ

89 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/30(木) 13:35:34 ID:3BQrrkAU0
レベル低い奴はカキコすんな
ブタまんは中華

90 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/30(木) 14:23:08 ID:oh0/For10
蒸し料理の代表は茶碗蒸しかな

91 :ぱくぱく名無しさん:2006/11/30(木) 16:24:32 ID:SKInmnKk0
>>85
魚市場巡りが趣味なんだけど、京都の友人を連れて行ったら、
「魚がこんなに美味いものとは知らなかった」って感激してたな。

その友人を訪ねて京都にも良く行くが、京都は畑のモノ、山のモノが美味いな。
打田漬物は衝撃的美味さだった。大皿いっぱい食ってしまった。
ボリ。ウマーーーーーーッ! ボリボリボリ。何これっ!? ボリボリボリボリ・・・。

92 :ぱくぱく名無しさん :2006/12/03(日) 21:30:03 ID:mrjLOzIR0
今週間新潮みているが 永のやつ
巻末においしそうな和食の店が載っていたのでメモ代わりに書いておく
当方田舎者でいったことなしだが行きたい

大かまど飯 寅福
こはんセット740円 銀鱈の西京焼き980円

和食むら田
たい釜めし3000円 五目釜めし1500円 かき釜めし1500円

ゑびす三郎
えぼ鯛一夜干し730円 南瓜田舎煮550円 モロヘイヤ白和え550円
肉じゃが680円 厚焼玉子730円 キンピラ550円

日本中のいたるところにこんな店があればいいのに

93 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/04(月) 00:19:05 ID:nM4EOrxL0
>>83
普段脂身の少ない質素な安い肉食べてる俺だが、
牛肉の霜降り食べた日は冗談抜きで胸焼けして気持ち悪くなったな。
魚の脂でこんな状態になる事はないのに。
一口目は美味いかもしれないが一口以上食べたいと思えるもんじゃないね。

94 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 02:55:46 ID:G3/BHeInO
魚と肉じゃ油の溶ける温度違うからな

肉を生で食うなら馬刺しが一番美味い



95 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 05:02:13 ID:gJRI6b+M0
単なる好みの差だろ
人類の大多数が魚の脂の方がうまいと思ってるとかなら何んか理由があるかもしれんが

96 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 19:02:29 ID:d8H/fCl30
>>94
そうそう。恒温動物でない魚の脂は人間の体温で容易に融ける。
馬・鹿の脂は常温でも融けちゃうよな。牛は無理。
胃もたれするのは、好みの差じゃないんだよ。

97 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 20:52:07 ID:YiYAVWV9O
醤油とりすぎで胃癌をめざしているスレはここでつか?

98 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 21:27:55 ID:gJRI6b+M0
誰も胃もたれするのは、好みの差だなんて言ってないだろ
うまいまずいの好みと油脂の溶けやすさは無関係じゃないかと言っているだけだ

99 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/07(木) 23:40:59 ID:d8H/fCl30
まぁ、そう興奮するな。わるかったよ。
うまいまずいと言うよりも、脂がくどいって話だ。

100 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/08(金) 04:35:54 ID:HX/eMFxDO
逆に豚は脂が無いと美味くない



101 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/10(日) 17:10:57 ID:dknBNilb0
「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発(Sankei WEB)
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/061210/shk061210000.htm

102 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/10(日) 17:50:56 ID:tMhGFBA7O
アメリカ人に正しい和食食べさせたら餓死しそう

103 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/10(日) 20:30:05 ID:diLAIPRV0 ?2BP(0)
JETRO guarantees decent Japanese restaurants in Paris
ttp://www.youtube.com/watch?v=xXSxAUyoQv4


104 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/10(日) 22:45:02 ID:FDfYuAvW0
日本中ラーメン狂想曲で踊りまくっているけど、「ラーメン」の定義とは何んだ。
どっかの誰かがラーメンで成立すると一億火玉でラーメンしか頭に浮かばない。
御当地自慢は全国均一○△ラーメン、△○ラーメン。 どんなにカッコつけても
日本の料理の深みはこれぐらいだ。 変に弁解するな。カツ丼の発明以来我が国の
料理の進化は停止した。

105 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 05:09:52 ID:i+Th//ej0
↑何が言いたいのかさっぱりわからん。

106 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 16:01:43 ID:Hvy9hgjv0
>>100
というか、何にせよ適度な脂が美味いんだと思う。
牛でも鳥でも豚でも魚でも。

牛の霜降りとか大トロとかは、適度を超えて脂々してるから
素材の味を大切にする人間には、くどく感じるんじゃないかと。

107 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 17:41:10 ID:FvzBUd2f0
>素材の味を大切にする人間には、くどく感じる

よく日本食は素材の味を〜と言うが、
牛肉に関しては逆 (海外より日本人の方が脂をありがたがる)なのは何故なのだろうな
料理法はシンプルなのを好むけど、トロといい 意外に脂っこいものが好きな日本人

要するに素材から脂っこければOK、脂も素材の味のうち と言う感じか


108 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 17:54:35 ID:UCMCk2oB0
>>68
古い書き込みにレスして悪いんだが、自分は和食の煮物の味付けは、ほぼ全部
蕎麦つゆ薄めて使ってる。市販の蕎麦つゆって、醤油とみりんを出汁で割った
ものだから、和食の味付けに流用できてしまうわけ。
毎日料理するなら、それぐらい手抜きしないとやってられないよ。

今カリフォルニアに住んでるけど、こっちは和食屋多いよ。でも、インチキ和食
(寿司とてんぷらとテリヤキしかないようなの)もけっこうある。アメリカに
いると野菜不足になるから、自分で作ると必然的に和食になってしまうな。



109 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 18:05:37 ID:Hvy9hgjv0
>>107
それは洋食に慣れた自称グルメが、和食にも手を伸ばした結果だと思う。
高価&脂を無条件にありがたがる傾向が、トロだの霜降りだのの価格を押し上げてる。
元々の和食は、脂を重視する傾向にはなかったから。
それが良いか悪いかはともかく、
日持ちがしないというのが、理由の大きな部分を占めると推測するんだけど。

110 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 18:26:47 ID:i+Th//ej0
マグロのトロをありがたがって食べるようになったのは戦後かららしいぞ。
それまではゲスな食い物とされてたらしい。

>脂を無条件にありがたがる傾向
しまいには赤身肉にわざわざ脂肪を注入して人工的に霜降りにしてしまう。
http://www.hokubee.co.jp/cat6/
なんだかなー

111 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 18:27:41 ID:FvzBUd2f0
>>108
アメリカじゃヤキソバも和食の定番の一つってほんと?

>>109
脂の好みもひょっとしたら流行の流行り廃りみたいに時代とともに
周期的に繰り返してるのかもしれんとか思ったり。
江戸っ子がトロや脂の乗った魚を下卑た味と言ったのは そういう趣向が
当時流行りだったとか

112 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 18:52:31 ID:qZB7+e1G0
和食と日本食の定義がよくわからん。
それと、懐石料理と精進料理も。

113 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 23:11:18 ID:i+Th//ej0
カレーライスとライスカレーの定義がよくわからん。

114 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 23:19:40 ID:DbQVEfc30
懐石料理
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%90%E7%9F%B3%E6%96%99%E7%90%86
精進料理
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E9%80%B2%E6%96%99%E7%90%86

115 :ぱくぱく名無しさん:2006/12/11(月) 23:41:14 ID:B095GV8v0
>>110
>109も書いてるけど、トロは脂が多くて痛みやすいから、
流通にのらなかったという理由が大きいのだと思うよ。

捨てるのはもったいないってんで、ねぎま鍋にして食べたとか。うまそう。
ホルモン鍋のような成り立ちではある。

伊豆で取れるキンメダイも、昔は脂が強くて下痢するから刺身じゃ
食わなかったそう。

116 :ぱくぱく名無しさん :2007/02/07(水) 02:33:01 ID:sGoECwH10
あげてみる
理想の朝ごはん
五穀米のお粥
大根おろし丼一杯
半熟玉子
味噌汁(具はローテーション組んで適当に)
漬物 御浸し
干物か納豆かたまにはハムとかもローテーション
海苔 上級なやつ
食後はジャム+ヨーグルト

こんなもんかな

117 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/07(水) 04:24:47 ID:SbrLoyEL0
和食って食後のデザートないの?

118 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/07(水) 08:13:47 ID:+1/jKuX2O
かき氷って和食?

119 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/07(水) 08:34:31 ID:CiP646JWO
あぁ

120 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/07(水) 09:45:42 ID:FpVp9zKn0
>>116
食い杉ではないかい?

121 :ぱくぱく名無しさん :2007/02/07(水) 16:52:08 ID:kDHfvXOU0
夕食は「油揚げと白菜の煮びたし」
新潮文庫「百文字レシピ」の中の一品
この本はレシピを百文字以内で説明しているので分かりやすくていい
完成したらいい匂いがしたのでうまいと思う

122 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/08(木) 16:52:24 ID:U12xEGzg0
>>117
あるよ。
自分が好きなのは、生麩団子。
ちょっといい料亭の弁当には、必ずついてくる。ウマー。

123 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/09(金) 15:11:22 ID:hUFbJ3/P0
出汁が上手くいかない

所謂出汁の元で作ると舌先にピリピリって感じる

とげとげしさというか


鰹節を削ってる香具師いる?

124 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/09(金) 15:19:36 ID:hUFbJ3/P0
あと、蕪の出汁煮?みたいのが書いてあったけれども

クッキングシートみたいなのを敷いて
蕪の皮を剥いた物を置いて、火が通るまで蒸す。

その蒸したのを小皿に崩れないように盛り付け
出し汁に、醤油、塩で味を調え
食用菊を散らしてトロミをつけて
ぶっ掛けるのはどうだろう

125 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/09(金) 23:28:32 ID:9T1/xDqk0
>>123 それは化学調味料の味ですよ。
削りはしない。というか普段は混合節で出汁をとる。
ゆきひら鍋ひとつ出し取り専用にしてる。(よほどよく洗わないと臭いが付くので)
付近で濾すとか面倒だから、削り節が沈んだところでそっと鍋にあける。

126 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/10(土) 16:07:59 ID:YCvAG2mR0
>>123
化学調味料無添加の出汁の素も売ってるけど、それ使ってみたら?

127 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/10(土) 21:16:37 ID:qoRv+AhG0
>出汁
ありきたりだけど、昆布を水から入れて沸騰直前でとりだし、
業務用混合節が入った深めのざるをつっこんで、2〜3分ぐらぐらさせてから
火を止め、さらに2〜3分おいて、ざるをあげてできあがり。
細かいものが沈んでいるが、気にしないw
出汁の素は、好きではないので、ほとんど使わない・・・。

128 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/12(月) 10:22:19 ID:cF5X2d+c0
蓮が安かったので人参と蓮で金平風にしてみたら( ゚Д゚)ウマーだった
ついでに、大根と蕪と人参で紅白膾もそえてみた。

129 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/14(水) 18:47:41 ID:A5Ztw8Nj0
里芋をやわらかくゆでて
出し汁に醤油・酒・味醂を入れたアンをぶっ掛け
針しょうがを添えてみた。

ミズナと麩、そしてきくらげとヒジキを混ぜて
カリカリに揚げた牛蒡とジャコを上からぬっかけ
絞ったゆず果汁と醤油を混ぜてぶっ掛けた



皆でレシピ揚げていこうぜ

130 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/19(月) 09:54:27 ID:/d8cUiZs0
真っ白いレシピの紙を揚げたら
真っ黒くなって見られなくなった。
>129のせいだ

131 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/21(水) 02:16:09 ID:8Q6DxiBx0 ?2BP(0)
>>103
これは酷い。
こんなのが和食だなんて

132 :ぱくぱく名無しさん:2007/02/24(土) 04:39:32 ID:oPh7fdHS0
【粗食の】幕内秀夫【すすめ】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1169249436/l50

133 :ぱくぱく名無しさん:2007/03/04(日) 19:59:13 ID:EXg+9To20
あげ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)