5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お土産】全国観光物産新聞社【記事満載】

1 :つまらないものですが名無しです:2006/06/06(火) 16:51:46 ID:wj6RJT5B0
ライバル紙もなく業界に君臨していた業界新聞でしたが
業務閉鎖してはや3年余
広告出したとか取材を受けたとか、はたまた購読料金踏み倒したとか
そんな裏情報を懐かしく語り明かしましょう


2 :つまらないものですが名無しです:2006/06/07(水) 00:41:39 ID:rPTSH1SS0
ギフトショーやってるとことは違いまっか??
あれは東京浅草のなんとかっていう出版社でしたな???
ギフトショーはえらい人気でんな不況にもかかわらず!!
業務閉鎖ってなんでやのん。倒産かいな??

3 :つまらないものですが名無しです:2006/06/08(木) 14:44:53 ID:3LVLFHUW0

浅草にあるナントカ会館でやってた小さな展示会のことではありませんか
通りすがりに入ろうとしたら「関係者以外お断りです」と拒否されました
お土産品のサンプルが貰えるのかと思ってチン入したのでありましたが
でもお客さん少なかったよ...........。
あんなに少ないのならサクラとして入れてくれてもよかったのにネ。

4 :つまらないものですが名無しです:2006/06/14(水) 02:24:10 ID:URufWXCR0
稲田は、知ったかブリの、稚魚。

5 :つまらないものですが名無しです:2006/06/15(木) 14:39:18 ID:Kzx+5S7s0
編集長さん見てますか−−−−
タブロイドの新聞でしたよね?
ぜひ復刊してください!
期待していまあーーーす。

6 :つまらないものですが名無しです:2006/06/19(月) 18:22:07 ID:GW20Kq3u0
このスレ
伸びないので廃刊となりました
運命は繰り返す

7 :つまらないものですが名無しです:2006/06/20(火) 16:54:16 ID:lVDTgCba0
稲田社長さん書き子してくらさい

8 :つまらないものですが名無しです:2006/07/07(金) 12:35:00 ID:Er838stA0
あげ

9 :つまらないものですが名無しです:2006/07/10(月) 13:11:28 ID:qGMALG6G0
当時、東京・京橋にあった全酷観光と物産新聞斜(斜長・稲田俊飽)は03年に
業績不振を理由に事業を閉鎖。全社員を解雇した。
不振に陥った理由は明々白々だ。
長年に及ぶ放漫経営によって回収不可能な代金が3000万円近くにまで膨らんでいった。
その内訳は、広告掲載費と購読料金であり、広告主・購読者との意思疎通不足等の不手際によって
回収不能へと発展して行ったのである。
資本金1000万円、社員数10数名、発行実部数1100部(内実売数300部程度/公称発行部数30.000部)であった「全酷観光物産新聞」。
鯱用の稲田は常々、不良債権を証して「宝の山がある」と嘯いていた。
全額回収できた場合の夢物語であったわけだ。

自ら招いた経営の危機を社員に転嫁して、己はのうのうと社内に引きこもりを続けていたのだ。
実際、鯱洋画外出する姿を見た者は少なく、時おり出かけていく先は融資を求める目的での銀行だけであった。
03年当時、銀行融資は途絶えてしまっていたのである。
新聞社の鯱用ならば、業界の会合等々で焼成を受けたり自ら出向いたりで、多忙を極めるのが常であるのだが、
朝のラッシュアワーがいやで出社は11時頃。20時頃に退社するまで、昼食時間以外は粗末な社長室に引きこもりっきりであったのだ。
残業代など一切支給されずサービス残業の日々であった。

優秀な先輩社員は在職1年程度でみな自ら辞表を出し退職していった。
唯一の長老社員・不治胃営業部長はこの状況を数年前から見越していて、長躯の出張では会社に内緒で私利私欲に走っていたのである。
我々は、不当に突然と解雇されてしまったのであった。
我々は、稲駄俊飽を断固糾弾する。

10 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

11 :本当につまらないものです :2006/09/02(土) 01:28:30 ID:T+cVvrtF0
↑サクい絵

12 :つまらないものですが名無しです:2006/09/08(金) 15:46:09 ID:AKNg/y/Y0
ギフトショーに観光物産コーナーが出ていた
観光物産新聞斜はビジ茄子ガイド社に顧客を売り渡してしまったのか

13 :残党書き子せよ:2006/09/11(月) 16:00:16 ID:DqX4ItHO0
>>10 削除乙です

14 :http://www.chusankan.jp/Brand/00000174/:2006/10/28(土) 07:39:35 ID:BNKhP8Sj0
「ビタミンの里よしの」

品種・品名 きねつき餅
参考価格 700円/550g10ヶ入

自然をたっぷり残した静かな山里。
清らかな水が生み出した美味しいお米からつきあげる、
昔ながらの杵と臼でのこだわりのまろやかなお餅が出来上がります。
標高350メートルの冷淳な気候で育んだもち米を原材料に湧き出づる清水で研ぎ、
昔ながらの臼と杵でつきあげたお餅。
粘りとコシの強さが定評でふるさとの香りが味わっていただけるものと確信しています。

住所 〒693-0505 島根県出雲市佐田町吉野475
URL 名前欄


15 :つまらないものですが名無しです:2006/12/27(水) 14:30:21 ID:scFqFiC10
この新聞社は2004年の4月頃に休刊したと聞いた
俺は山陽地方で物産卸をやってるが
無断で新聞を送りつけてきて忘れた頃に購読料金を支払ってくれと言われた
年に一回くらい入れ替わり立ち代り新顔の記者がやってきて
広告を出してくれと言われて1回か2回ほど付き合ったことがあったが
こちらの意と反する内容の広告を掲載されてしまい苦情を申し出たときには
その記者は退職してしまっていた
とくに悪い事を書かれたわけではないので裁判沙汰には至らなかったが
支払いは拒否し続けた
後に社長らしき男性から従業員宛に電話が掛かって来て代金を支払ってくれと
そんな放漫経営が回収不能な不良債権を拡大させてしまったのかなと考えている
記者氏曰く「今年の※月に入社しました」と
あの頃は厳しい不況下だったから、リストラ→再就職という図式が多かったのは確かだが
会社に電話しても社長が出ることは無く、女性社員が苦しい言い訳に終始していた
気の毒になって苦言も程ほどにしたのだが、どうも社長は居留守を使っていたらしい
雰囲気で察知できた

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)